News ニュースリリース

ニュースリリース

2019

第5回 オムニコム・ザ・エグゼクティブ・ラウンドテーブルが開催されました

2018.10.31

2018年10月26日(金)8時30分より、グランドハイアット東京のレジデンスタラゴンの間で、第5回「オムニコム・ザ・エグゼクティブ・ラウンドテーブル」が開催されました。

今回は、弊社アライアンスパートナーのグローバルブランディングファームであるシーゲルゲール及びフライシュマンヒラードジャパンが共同で主催いたしました。弊社はシーゲルゲールのパートナーとして、弊社のお客様もお招きし、参加しました。

グラムコは、本イベントを、グラムコの会員組織、「グラムコブランドクラブ」が提供するサービスの一環として位置づけ、弊社のクライアント及び前回までのラウンドテーブルにご参加戴いた皆様を中心にご案内を差し上げました(グラムコブランドクラブへのお問合せは、弊社ウェブサイトにあるお問合せメール窓口へお願い致します)。

今回は、『ブランドマネジメント & ブランドレピュテーション: 日本ブランドのグローバル化成功への鍵』と題して、日本企業のグローバルブランディングを取り上げ、シーゲルゲールの環太平洋地域代表 ジェイソン・シースラック他がスピーチを行いました。

シーゲルゲールのジェイソン・シースラックは、「ブランディングの未来:本気でグローバルブランドになる」というタイトルで、昨今、存在感を弱めている日本のブランドが長期的に生き延びるためには、グローバル市場に目を向けることが肝要であり、その市場で生き抜くためには、企業内でパーパスを定め、競合と差異化を図り、人々をひとつにまとめ、行動を引き起こすことが重要だと論じました。

Q&Aのコーナーでは、弊社山田がファシリテーターを務め、ジェイソン・シースラックやフライシュマンヒラードの田中代表、シーゲルゲールの戦略担当シニアディレクター ブリット・ブーラと共に参加者の皆様のご質問に答えました。皆様からはブランドの賞味期限の有無や、日本企業がグローバルブランドになるために、これからグローバルで展開するにあたり、地域性や文化の違う現地のパートナー企業とどのようにコミュニケーションを取り協業すべきか等のご質問をいただきました。

ご参加下さった皆様には、早朝からの会に足をお運び戴いたことを心より感謝申し上げます。