News ニュースリリース

ニュースリリース

2019

オリンピック・パラリンピック大会ボランティア・都市ボランティアの ユニフォームデザイン選考委員会が開催されました。

2018.11.15

11月14日、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会の、大会ボランティア・都市ボランティアのユニフォームデザインを選ぶ選考委員会が開催されました。最終的なユニフォームデザインは来年3月までに決定される予定ですが、今回は委員の多くが出席し、今後の選考の流れなどについて説明を受けました。

東京大会のボランティアを含む大会のスタッフは、約88,000人(うち80,000人は大会ボランティア)、街なかで交通・観光などの案内を行う都市ボランティアは約30,000人。合わせて12万人が着用するユニフォームデザインを選考するのが、この委員会の役目です。

委員会メンバーは、座長にファッションジャーナリストの生駒芳子さん。委員にはファッションデザイナーのコシノヒロコさん、元SMAPメンバーで、パラリンピックのスペシャルサポーターを務める香取慎吾さん他14名の有識者が任命されました。当社代表の山田もこの委員会メンバーの一員として参加しています。さらに11名のスポーツボランティア、観光ボランティア経験者が加わり、合計25名が選考にあたります。

選考の対象となるのは半袖シャツ、ズボン、靴で、選考委員会は、組織委員会とスポーツ用品メーカーが考案したおよそ30のデザインの中から、最終案を絞り込んでいきます。もちろん必要な修正点などを指摘することもあるでしょう。

大会を盛り上げるうえで、ユニフォームは重要なアイコンとなります。単にキャッチ―なデザインということだけでなく、着用する方々が、それぞれの立場に誇りを持てるようなデザインにすることが大事だと考えます。

■大会スタッフ・都市ボランティアのユニフォームデザイン選考委員会 委員

座長 生駒芳子

委員 香取慎吾/コシノヒロコ/杉山愛/土田和歌子/永井一史/長崎巌/中西教夫/夏野剛/林いづみ/原由美子/矢ヶ崎紀子/山田敦郎/山本悦子(50音順・敬称略)+スポーツボランティア・観光ボランティア経験者等11名

NHK News WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181114/k10011710171000.html

TBS NEWS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3524494.html

FashonSnap.com
https://www.fashionsnap.com/article/2018-11-08/uniform-olympic-2020/