Services サービス紹介

リモートブランディング

Gramco Remote Branding TM
グラムコリモートブランディング TM
距離を超えていくブランドワークへ

海外だけでなく、国内でも実施

リモートブランディングとは、離れていても、精緻なブランディング業務を提供し、遂行するサービスのことです。Remoteは最近よく使われるようになりましたが、それ自体、「遠隔操作の」「間接的な」「遠い」などの意味を持つ言葉です。
グラムコは、リサーチ、コンセプション、アナリシスからネーミング、VI、スタイル開発、その後のフォローアップコンサルティングまで、一貫して手掛ける(フルブランディング)ことのできる数少ない日系ファームですが、2020年2月28日から、新型コロナウイルスの影響で、日本の全社員が在宅勤務となり、テレワークで業務を遂行する事態に直面しました。以前より、海外のクライアントや顧客スタッフへのインタビューなどで、TV会議システムを使って実施することはありましたが、この度のコロナでは、海外はおろか国内ですら、クライアントやヒアリング先へお伺いすることができない状況となってしまいました。そこで辿り着いたのが、すべてのブランディングワーク(BrandOne TMと私たちが呼んでいる一貫した開発プロセスです)において、クライアントとのやりとりをリモートで行う「グラムコリモートブランディングTM」でした。

Face to faceには敵いませんが、数々のメリットも

グラムコリモートブランディングTMとは、どんな事態に直面しようとも、重要なブランディングプロセスを止めることなく完璧に継続していくことが出来る、グラムコからの新サービスのご提案です。もちろん、ブランドセッション(ブランドコンセプトについて、チームに分かれてディスカッションし、内容を取りまとめていくためのワークショップ)やクリティカルなディスカッション、グラムコによって精緻化されたコンセプトや、ネーミング、ワーディング、VI、ブランドスタイル(ブランドの世界観)などに関するプレゼンテーションは、フェーストゥーフェースのリアルで行うのが望ましいのですが、様々な制約がある場合、必要に応じてクライアントとのやりとりをリモートで行い、プロジェクトを「遅滞なく」推進させるのに役立ちます。

  • 新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に蔓延する中、複数のクライアントとの取組みで私たちが試行錯誤した結果到達したシステムです。
  • 特に3~4時間を要するロングセッション、「グラムコブランドセッション」をリモートで行うのはなかなか大変です。複数のチームに分かれて実施するところが難題でしたが、各種のTV会議オンラインシステムと他のシステムの組み合わせによって、ほぼ満足できるところまで辿り着きました。
  • クライアントの皆様には、私たちの移動に掛かるコスト負担(出張費、交通費、宿泊費など)が不要となり、一方グラムコにとっても移動時間が無くなる分を更なる作業時間に充てられるなど、コストや作業進捗にもプラスになる取組みです。
  • 距離を超えられる手法として、平時であっても、リアルとリモートを、組み合わせてご活用いただくことも可能です。
  • 正直まだ現段階ではβ版の域を出ませんが、今後は、時代のニーズに即した、完全にリモートのみで完結する「リモートブランディングTM」へと進化させてまいります。

リモートブランディングの
ご依頼・ご相談はこちら

お問い合わせページへ